音更町消費者協会
主な悪質商法の種類
その1


1.訪問販売
悪質商法の王道です。様々な商品・手口により、被害が出続けています。一見、訪問販売に見 えなくても、法律的に訪問販売とされるような手口も多いです。。その位、間口が広いです。

2.マルチ商法
商品を購入して会員になり、知人や友人を紹介すればリベートがもらえ、自分の系列に加入者 が増えるほど大きな利益になるというものです。

3.デート商法
男女間の感情を利用し、デート等に誘うと装って契約させる悪質商法です。契約するまで拘束状態が続くケースが殆ど。出会い系サイト ・チャット等を通じて被害が急増しています。

4内職商法
将来、仕事の斡旋するから、その為にパソコンを購入して技能を身に付けてほしいと契約させ、その後、ろくに仕事をまわさない。(もともとまわす気が無い。)仕事の内容に難癖をつけその理由に したりする。



 平成29年度相談件数及び分類別相談件数と相談内容 
  平成29年度 販売購入形態別 主な相談内容とその傾向
購入先不明・無関係   136件 (昨年度49件)
  倍増の要因は架空請求ハガキによるもので、「購入先不明」の6割以上を占めた。他にも相続、相隣関係、税金、マイナンバー等、様々な相談が寄せられた。
通信販売    109件 (昨年度85件)
  《有料動画・有料情報サイト》 大手動画配信業者(アマゾン他)を騙り、スマホ・携帯のSMSに届く「有料動画の未納料金」請求に関する苦情が通信販売に関する相談の半数近くを占めた。
《ネット通販》  「ネット通販で安価なお試し価格の健康食品を注文したところ、定期購入だった」という苦情が5件あった。またスマホのSNS広告等から誘引された「詐欺的なサイト」から注文したダウンコートやサングラスが届かない。という相談も頻発
《その他》
 いわゆる「ワンクリック請求」は4件ほどで減少傾向。アカウント(ID/パスワード)を第3者に伝えたことで不正利用されてしまったという相談が複数寄せられた。
店舗購入    73件 (昨年度66件)
  《賃貸住宅》  退去時の修繕費用、清掃費用に関する相談が多数寄せられた。また水道管の凍結、ストーブ交換、住人の生活音等に関する苦情や相談も寄せられた。
《借金関係》  消費者金融、カードローン等に係る多重債務相談があった。
《戸建住宅》  新築住宅の不具合やリフォーム業者のずさんな工事に起因する苦情が寄せられた。
《スマホ・タブレット》  携帯ショップで提示された金額より実際の料金が高額だったという相談他。

《その他》  中古車の解約に関する相談、募金型企画旅行の参加取消、特定保守製品制度についての疑問等、多種多様な相談が寄せられた。
電話勧誘販売    24件 (昨年度21件)
  《光回線・プロバイダ》 現在称している電話回線や光回線が使用できなくなるといわれ、不要な光回線契約を契約させられた、という苦情が多数寄せられた。
《電気》  新電力事業者の信用性に関する問合せが複数件あった。
訪問購入    7件 (昨年度16件)
  不用品買取業者に関する相談が27年度の1件から28年度は14件と急増したが、今年度は7件と減少。そのほとんどが事業者の信用性に関する問合せであった。
訪問販売    13件 (昨年度28件)
  《新聞》  27年度の13件から28年度は3件と大幅に減った新聞勧誘だが、今年度は7件に増加。高齢者に対し、先々の契約を結ばせるという問題ある勧誘も複数見受けられた。
《住宅リフォーム》  3件のうち2件が「訪問してきた屋根・壁工事業者と契約したが、連絡が取れなくなってしまった」という相談であった。

マルチ・マルチまがい    5件 (昨年度2件)
  家族からの相談が2件、本人からが3件。うち2件は同一業者に対する解約相談。他に投資を謳う代理店契約について相談があった。
その他無店舗    2件 (昨年度0件)
  スーパーの移動販売車の接客対応への苦情他。
ネガティブ・オプション(送り付け)    0件 (昨年度0件)
    音更町消費生活センター     音更町消費者協会   TOP


開設時間
休館日

電話 
河東郡音更町木野西通17丁目1番地
共栄コミュニティセンター1階
午前9時~午後5時

日曜・祭日・第一月曜日・年末年始
0155-32-3211
住所


電話/
FAX
河東郡音更町木野西通17丁目1番地
共栄コミュニティセンター1階

0155-67-5541
Copyright © 音更町消費者協会2015 All Rights Reserved